あり得ない始まりが何十年にもわたる革新につながる

Sealed Airは二人の技術者と、壁紙のアイデアから始まりました。

1957年、アルフレッド・フィールディングとマーク・チャバネスは、2枚のプラスティックシートに気泡を挟んでラミネートした、新しいウォールカバーの生産に着手しました。 2人の発明はインテリア装飾としては理解されませんでしたが、2人はその新しい素材の軽量性と断熱性が非常に有用であることを発見しました。最初は温室用断熱材として、そして現在はパッケージ素材のBubble Wrap®として知られています。 1960年にフィールディングとチャバネスはBubble Wrap®を会社の主要ブランドとして、Sealed Air Corporationを創立しました。

初めから、Bubble Wrap®(気泡緩衝材)は、製品としても、またそれがもたらす価値も、本当に革命的でした。 少ない素材を使い、梱包サイズと重量を小さくし、また配送中の損傷を減らすことができるので、全体の梱包コストが削減されます。 言い換えると、持続可能性という概念が流行る前に、すでにそれを奨励していたのです。 その独自の品質と価値を実証するため、Sealed Airは包装デザインと開発センターとして知られる特別研究所を設立しました。 これらの研究所は衝撃や揺れに対する保護等について弊社の営業担当を教育し、またお客様とともに優れたソリューションを創り出しました。 設立当初から、私たちはただ製品を販売していたのではありません。私たちはコンサルタントだったのです。 今日、コンサルティング販売の概念と価値を分析することは私たちが革新をもたらすプラットフォームになっています。 このアプローチの成功で、弊社は25,000人以上の従業員を雇い、175の国のお客様にサービスを提供する企業に成長することができました。 

1970年のカナダのSmith Packaging, Ltd.買収とその後のSealed Air of Canada, Ltd.への社名変更は、 Sealed Air が公式に国際企業になった印となりました。 世界的な成長を始める中、環境意識や物流における新時代はその後の年月の中で私たちのビジネスを形作る大変重要な役割を果たしました。 

1970年代を通して弊社は自社製品ポートフォリオを広げ、Mail Lite 発送用封筒や、Instapak Corporation の買収により、「foam-in-place」 クッションシステムを加えました。 私たちは発泡とシステム技術を発展させ、より重い製品に対する梱包需要を満たすため、現場で必要なときにつくる保護梱包素材を開発しました。 Sealed Airは1970年代初頭に西ヨーロッパにも拡大し、また1970年代後半には極東にも進出しました。 また、持続可能性についての現代的なアイデアを予示的に考え続けました。 弊社の1973年年次報告では、「より良いクッション性、軽い重量と再利用可能性を持つ梱包素材の選択は、重要な三角形の3つの面-エネルギー、環境、経済-すべてに合うポジティブなステップである」という、予知的な見解を示しています

1980年代がフロッピーディスクと共にやってきました。 そのデータ移動の役割は、パッド入り封筒の需要も創り出しました。 よって、Sealed Air はJiffy Packaging Corporationを1987年に買収しました。 ポリエチレン発泡やその他のプラスティックあるいは紙製梱包製品を追加する代わりに、私たちはDri-Loc® 吸収パッドラインを買い取り、最初の食品梱包製品を始めたのです。 1980年代はまた、イタリアとスペインにおける業務の拡大が顕著となり、またオランダに新しいInstapak®発泡施設を開設しました。

1990年代を通して、Sealed Airのビジネスはどんどんグローバル化していきました。 新しい工場がドイツとスペインに開設しました。 1998年には、Sealed AirはCryovac®包装ビジネスをW. R. グレースから買い取り、世界をリードする保護および特別包装企業を立ち上げました。 50年以上にわたって、Cryovac® ブランドの包装ソリューションは世界的な食品包装に革命をもたらし続け、その製品には、新鮮な食品の保存期間を伸ばす真空パック、ラミネート、今すぐ商品を陳列できるソリューションが含まれます。

21世紀の到来と共に、Sealed Airは世界的な成長と開発地域での伸びを目指しました。 食の周りでより大きな利便性を求める声や、よりエネルギー効率の良い、環境に優しいソリューション、効率の良い物の移動、現代化されたヘルスケアシステムの必要性をうけて、私たちは革新的な提案をお届けします。 当社はまた、包装アプリケーション以外の新しい機会も探し求めました。 2011年には以前のJohnsonDiversey, Inc.、現在のDiversey Holdings, Inc.を買収し、Sealed Airは清掃および衛生製品で、世界中の業務用大口顧客の市場を率いるプロバイダーとなりました。

アルフレッド・フィールディングとマーク・チャバネスが半世紀以上前に設立した会社は、今では25,000人以上の従業員と175の国でサービスを提供する多国籍企業となりました。 今日では、みながより健康であり、より良い食事をとり、安全に物が発送できよう、Sealed Airは世界の人々とって大切なものをお守りします。 私たちは、食品の安全、設備の衛生と製品保護のリーダーです。