カール・デイリー

フードケア事業部長

Karl joined はSealed Airに1981年に入社し、用途開発グループでCryovacの研究開発(R&D)に加わりました。 研究開発で14年勤務した後、北米と世界において、各種マーケティングと営業の指導的な役割を果たしました。

2011年にフードケアの事業部長となり、Karlは$40億米ドルのフードケア事業部を指導し、食の安全性の向上、業務効率の増加、保存期間の延長、資源の消費量と廃棄量の低減を世界中の食品および飲料物流への包装および衛生ソリューションを提供しています。 

Karlは食品科学者であり、微生物学の学士と食品科学の修士をクレムゾン大学で取得しました。 彼は過去に、長期にわたって米食肉業界団体(NAMI)の役員でもあり、執行役員を2期務めました。 2012年に、KarlとSealed Air社はNAMIその年のサプライヤー賞を受賞しました。 これは、肉加工業界の目標達成を支援し、業界の真のパートナーであるNAMIのサプライヤーメンバーに送られる賞です。

Karlはまた、米国チキン評議会(NCC)の連盟リーダー委員会と、クレムゾン大学の包装科学、食品科学、栄養助言議会のメンバーです。 2015年に、彼はノースカロライナ食品製造調査委員会に参加し、McCrory知事によって立ち上げられた小委員会で食品産業界が必要とする評価を行います。 

Karl Deily, President, Food Care at Sealed Air