気候パフォーマンスリーダーシップ指標Aリスト

Sealed Airの温室効果ガス排出量削減、ならびに潜在的気候変動のリスク低減のための努力が、世界唯一のグローバル環境情報開示システムであるCDPに認められました。 

気候変動を緩和するリーダーとして認められ、Sealed Airは気候パフォーマンス・リーダーシップ指標 (CPLI) A List にランク付けされ、CDPのS&P 500 気候情報開示リーダーシップ指標でも(CDLI)にもランク入りしました。

世界自然保護基金(WWF)気候を保護するもの

水の保護管理同盟

Sealed Airは、水の保護管理同盟が、責任ある水管理の国際基準を発展させるのを手伝った最初の企業の1つです。 基準のベータ版は2013年の3月に施行され、5年間の努力の末、2014年4月に国際水の保護管理基準が発表されました。

カーボン開示プロジェクト (CDP)

CDPによって名づけられた、世界で唯一の世界環境開示システムで、S&P 500気候情報開示リーダーシップ指標(CDLI)にある63社のうちの1社としてランク入りしました。 CDPの企業公開は、100点満点で、達成度とデータ品質を測ります。 情報開示スコアが上位10%の企業は、CDLIのランク入りを表彰されます。

日々、私たちは自分たちをテストしています。

企業が望まないのに、持続可能性についての考え方をRe-imagine (再想像)するよう提案し、環境にやさしい物事の進め方に変えるように頼むのは容易ではありません。 でも、それこそが私たちがすることなのです。

1960年のBubble Wrap® の発明から、Sealed Air は自分たちの作業を想像しながら、持続可能な包装のリーダーであり続けるのです。

今日も、自社の施設を実験室として、最良の方法を開発しています。 それがどのように起こったかについては、2013年まで戻ってみればわかります。

会社の世界的経営を通して継続的改善していることを共有する文化は、新たな方法で業務を管理し、革新的な機会を解き放つヒントとなってきました。 従業員が発見したやり方で、自社の作業を資源の効率化モデルに変えるのです。

代わりに、利益を上げる能力は強化され、環境にへの影響は小さくなりました。 私たちがビジネスを持続可能な方法で行うことは正しいというだけでなく、ビジネス的にも意味があることなのです。

世界で200以上のある自社施設の作業による影響を測り、記録することでSealed Air は、各拠点の月ごとの資源使用と排出に関する報告書を作成しました。 エネルギー、温室効果ガス、水と廃棄物のそれぞれにターゲットを設定します。 環境への影響と経費削減の目標に合わせて計画を改善します。

結果は、それ自体が物を言います。 自分たちの理論が正しかったことの確認と、未来をより良く Re-imagine (再想像)する手助けとなっています。

Proof of Sealed Air's leadership in sustainability